バイアス(先入観)とは

バイアス(先入観)とは、「斜め」や「偏り」といった意味で、転じて「先入観」という意味の言葉です。

 

バイアス(先入観)があると、偏ったものの味方になり、物事を正しくありのままにとらえることができなくなってしまいます。

 

 

知識は、問題解決のために必要不可欠のものです。

 

知識が多くあればあるほど、問題に対して、色々な方向からアプローチできるようになり、より問題解決できる確率が高まります。

 

「知識」はロジカルシンキング(論理的思考)をしていくうえで必須のものですが、バイアス(先入観)のかかった知識をいくら大量に持っていても意味がありません。

 

間違った前提のもとに、ロジカルシンキング(論理的思考)を積み重ねていくと、高確率で間違った結論に至ってしまいます。

 

間違った知識をどう組み合わせていっても、正しい過程で、正しい結論に至ることはできません。

 

間違った知識を用いても、偶然、正しい結論にたどり着くことはありますが、それでは論理的思考能力は伸びません。

 

物事をあるがままに捉えて得られた正しい知識を元に、論理的な思考をすることで、問題解決が可能となるのです。

 

そのため、知識を得る時には、常に自分にバイアス(先入観)がかかっていないか注意しながら学習していく必要があるのです。

 

 

正しい知識を得るための方法は、「因果関係」のカテゴリーで解説しており、正しい知識を増やすための方法は「知識」のカテゴリーで解説しています。

 

「バイアス」のカテゴリーでは、バイアスがどのようなメカニズムで生じるのかや、バイアスの種類などを解説します。

 

どのようにしてバイアスが生じるのかを前もって知っておくことで、バイアスを予防することが可能となります。

バイアス(先入観)はなぜ生じるのか?

では、なぜバイアス(先入観)が生じるのか、についてここでは解説していきましょう。

 

バイアス(先入観)は、「知識」によって生じます。

 

人生で様々なことを経験していく中で、いろいろな間違った知識を記憶していきます。

 

その間違った知識が、バイアス(先入観)を生む元となるのです。

 

人間は、意識していても、いなくても、日常で様々な情報にさらされています。

 

そのため、自分で意識的に情報が正しいかどうかを判断して記憶していかないと、脳内にどんどん間違った知識が増えて行ってしまいます。

 

そしてそれらの間違った知識からバイアスが生じてしまうのです。

 

 

情報が正しいかどうかの判断基準はたったひとつしかなく、それは「因果関係が正しいかどうか?」ということです。

 

このことについては、「因果関係」のカテゴリーで解説しています。

 

情報を漫然と摂取しているだけでは、どんどん、間違った知識が脳内に蓄積されていってしまいます。

 

年を取ると、頑固になると俗に言われるのは、年を取るにつれ、間違った知識が脳内を多く占めるようになっていき、

 

バイアスが強くなっていくからです。

 

また、記憶力の良い人は、バイアスが強くなりやすいので注意が必要です。

 

記憶力の良い人で、因果関係をチェックする習慣が無い人は、意識して記憶しようとしていない情報でも、

 

記憶力が良いために脳に刻まれてしまいやすいからです。

 

情報を摂取する時は、その都度、因果関係をチェックし、間違った知識を脳に入れてしまわないようにしましょう。

クリティカルシンキング~バイアス(先入観)を防ぐ方法

バイアス(先入観)のかかっていない知識を得るために必要なのが、クリティカルシンキング(批判的思考)という習慣です。

 

あらゆる情報に対して、本当にそれが正しいのか、と批判的な思考を働かせることです。

 

本に書かれている情報や、ネット上の情報、知り合いから得た情報などをクリティカルシンキングせずに無批判に記憶していくと、バイアス(先入観)にまみれた知識で脳内が満たされてしまいます。

 

クリティカルシンキングとは、情報をただ批判するという意味ではなく、本当にその情報は正しいのだろうか?ということを常に自分に問いかける習慣です。

 

 

あなたは日々、何かしらの知識を得ていることと思います。

 

人との会話、読書、インターネット、テレビ、など様々なところから情報を得ていると思います。

 

しかし、その中にはかなり多くの間違いが含まれています。

 

情報が与えられた時には、必ずその情報が本当に正しいか調べるようにしてください。

 

情報が正しいかの判断基準は、ただ一つ、理由が正しいかどうかです。

 

「?は~だ」という主張に出会ったら、その情報を鵜呑みにするのではなく、クリティカルシンキングを行い、必ずその主張の理由を考えてください。

 

そして、本当にその主張が正しいかを判断してください。

 

決して、偉い人が言ったから、自分の好きな人が言ったから、といった理由で主張を信じないでください。

 

 

「過去に例が無いから」

 

「みんなそうやっているから」

 

「偉い人が言ったから」

 

 

等といった理由で、間違った情報を無意識に頭に蓄積している人が非常に多いのです。

 

間違った情報が蓄積されればされるほど、思考時にバイアス(先入観)が生じやすくなり、ロジカルシンキング(論理的思考)ができなくなるのです。

 

どんなささいな情報についても、常に理由があるかどうか、その理由は正しいかどうかをチェックするようにしてください。

 

さらに、その理由が全ての理由なのか、ということをチェックしてください。

 

ある理由から、結論が言えても、その他にも結論に至る理由があるならば、その主張は必ずしも正しいとは言うことができません。

 

バイアス(先入観) 隠れた前提 ~言葉の定義の違い~

隠れた前提とは、主張の中ではっきりとは示されていないが、主張の根拠となっているもののことです。

 

バイアス(先入観)によって隠れた前提が生じ、論理的な議論が妨げられることがよくあります。

 

 

隠れた前提は、多くの場合、情報発信者が、情報発信が冗長になるのを防ぐために生じます。

 

これが常識だろう、というバイアス(先入観)から、わざわざ説明していたら面倒という思いから情報を省略することで、議論が上手く行かなくなってしまうことがあります。

 

隠れた前提が多いと、論理が飛躍しているという印象を情報受信者に与えてしまい、上手く意見が伝わりません。

 

 

 

言葉の定義をどう認識しているか、によって、バイアス(先入観)が生じることがあります。

 

同じ言葉でも、人によって捉えている意味には微妙な差異が存在します。

 

その差異がバイアス(先入観)となり、情報を得るときの理解の妨げになったり、説得するときの妨げになったりしてしまうのです。

 

情報を得るときに、自分の言葉の定義で理解してしまい、上手く理解できない、

 

自分の言葉の定義で相手を説得しようとしても、相手にとっては違和感があり、説得することができない、

 

などといったことが起こるのです。

 

ですから、言葉から情報を得る時には、言葉の定義が自分の言葉の定義と同じであるか注意しながら情報を得る必要があるのです。

 

 

また、

 

「AかつB」は、AとB両方とも

 

「AまたはB」は、AかつB、Aのみ、Bのみ

 

「AもしくはB」は、AかBのどちらか一方

 

という意味で正確には使います。

 

 

これらの論理でよく使用する言葉以外の一般の言葉でも、「定義」には常に注意してください。

 

論理的な思考をする時には、自分では定義に沿った用法で正しく言葉を使うようにすることが大事です。

 

ただし、言葉を使う側の人間が、正しい用法で使っているとは限らないので、注意が必要です。

 

文章を読んだ時に使われている言葉が、書き手が正しい用法で使っていない、という場合もしばしばあります。

 

また、こちら側でこれらの言葉を正しく使っても、相手が正しく認識するとは限らない、ということにも、注意が必要です。

 

言葉の定義の違いは、ロジカルシンキングを行っていくうえで、自分で思考する際にも、人に伝える際にも重要なので、普段から意識しておきましょう。

バイアス(先入観)の具体例・種類

ここでは、人間が陥りやすい代表的なバイアス(先入観)の具体例・種類の概要を説明します。

 

・正常性バイアス

 

正常性バイアス(先入観)とは、多少の異常事態が起こっても、それを正常の範囲内としてとらえ、心を平静に保とうとする働きのことです。

 

自分にとって都合の悪い情報を無視し、自分は大丈夫と思い込んでしまいます。

 

・確証バイアス

 

自論に都合の良い情報以外を排除し、自分に都合の良い情報だけを取り入れ、それにより自論い対する自信を強め、バイアス(先入観)が補強されることです。

 

 

・代表性バイアス

 

ある特殊な事柄から全体を類推して誤った思考をしてしまいます。

 

珍しい事柄を一般化してしまい、ごく一部の事例を常識だと思いこんでしまいます。

 

 

・自己奉仕バイアス

 

これは、自分に甘く、他人に厳しい評価をしてしまうバイアス(先入観)です。

 

自分が成功した時は自分の実力だと思い、何かが失敗した時は運が悪かった、と思うような感じです。

 

逆に、他人が成功した時は運だと思い、失敗した時は実力だと思う、といった具合です。

 

 

・利用可能性バイアス

 

利用可能性バイアス(先入観)とは、思い出しやすいことを過大に評価してしまうバイアス(先入観)です。

 

例えば、自分にとって印象に残ったことは思い出しやすいため、それによって思考が歪められることです。

 

 

・後知恵バイアス

 

物事が起きてから、それが起きると分かっていたと思い込むバイアス(先入観)です。

 

物事が起きた後には、その原因が分かる場合が多いです。

 

その原因を見て、その結果が思考によって導き出せたはずだ、と思い込んでしまいます。

 

 

 

2017/07/13 00:56:13 | バイアス
三上という言葉があります。三上、馬上・枕上・厠上では、良いアイデアが出やすい、という欧陽脩の言葉です。馬上・枕上・厠上はそれぞれ順に、「乗り物に乗っている時」、「布団で寝ている時」、「便所の中」を意味しており、全て、外部から情報が入ってこない状況、リラックスした状況を表しています。三上の他にも、個々人でリラックスしてアイデアが出しやすい状況というものはあるでしょう。しかし、単にリラックスしただけで良いアイデアが出る訳ではありません。リラックスした状態でなぜ良いアイデアが出るのかというと、自分の脳内の情報に集中して思考することができるからです。外部から情報が大量に来ている状況下だと、脳が思考に集...
2017/04/15 21:28:15 | バイアス
医者ってそんなに偉いの?というテーマで、私の意見を述べていきたいと思います。私が医者として活動してきた中で、毎日と言っていいほど思うことは、医者には威張り散らかして思い上がっている気持ち悪い人がとても多いということです。これは、多くの人が感じていることだと思います。医者ってそんなに偉いのでしょうか?「人の命を救う」ということは、ほとんど誰もが、疑いなく素晴らしいことだと感じていることだと思います。この点から、医者には調子に乗った人が非常に多いのでしょう。「俺様は人の命を救ってやってんだ!」という感じで尊大な人が本当に多いです。表面上(人前では)隠していても、医者同士の会話では俺達は偉い、という...
2016/11/01 23:01:01 | バイアス
ウインタースポーツの季節になってきましたね。ということで(?)、スノーボードをテーマに、ロジカルシンキングをしてみましょう!スノーボードのトリック(技のこと)に、「オーリー」というものがあります。オーリーとは、簡単に言うとスノーボードでジャンプするテクニックのことです。このオーリー、できない人は、本当になかなかできるようになりません。この「オーリー着地」の上達方法をロジカルシンキングによって、考えてみましょう。オーリーは、大きくジャンプと着地に分かれます。ジャンプする際には、板を大きくしならせて板の反発によって飛びます。そして、このジャンプができるようになっても、なかなか着地が上手く行かない人...
2016/08/10 22:41:10 | バイアス
「人に感謝される仕事をしたい」と言う人がいますが、私はそう言う人とは付き合わないようにしています。なぜなら、没個性で、人間的な魅力に非常に乏しい人間が多いからです。そのような人は、交流しても、ほとんど何も得られるものがありません。このことについて、今回は書いていきたいと思います。人に感謝されたい、という欲求自体は、悪いものではありません。「感謝されることを優先している」ことが問題なのです。自分で何かを成し遂げたい、という欲求が先にあり、その結果によって、人に感謝される、というのなら良いのですが、初めから人に感謝されることを求めているのは非常に大きな問題です。なぜなら、自己の評価基準が他者にある...
2015/07/12 19:23:12 | バイアス
「専門家」と聞いたら、多くの人は「信用できる」という印象を持つことでしょう。「~の専門家!」という肩書きを見たら、多くの人は無条件にその人の意見を肯定的にとらえてしまいます。しかし、私は全く逆で、専門家と聞いたら、「どうせ馬鹿なことを言っているんだろうな・・・」と疑ってかかってしまいます。なぜなら、自分の専門分野から見た思考ばかりをしている人が非常に多いからです。因果関係の項目でも解説していますが、因果関係をチェックする際には、原因と結果の関係が正しいか、ということと、その結果になるのは、その原因でだけか?、ということを考慮しなければなりません。この後者の部分において、専門家は非常に劣るのです...
2015/07/12 19:01:12 | バイアス
難度の高さと価値の高さは比例しません。しませんが、難度の高いことは、価値が高いというバイアスを人間は持ちがちです。なぜ、難度の高いことが、価値の高いことだと思い込んでしまいがちかと言うと、難度の高いことを成し遂げると「やり切った」という「満足感」があるからです。多くの人は、その満足感に目がくらみ、様々な分野で、効率の悪いトレーニングをしてしまっているのです。「成長するため」でなく、「自己満足」のために、行為を行っているのです。難度が低く、価値の高いことを優先して行った方が、効率よく、各分野で成長していくことができます。以下に、難度が高いけれども、価値の低いことの代表例例を挙げてみましょう。
2015/05/02 14:35:02 | バイアス
確証バイアスは個人の先入観に基づいて他者を観察し、自分に都合のいい情報だけを集めて、それにより自己の先入観を補強するという傾向のことです。これだけでは、良く分からないと思うので、確証バイアスの具体例を挙げてみたいと思います。占い師に、「赤い物が見えます。赤いものに注意しなさい」と言われたとします。すると、通勤経路にある赤いポスト、店の看板にある赤い文字、道路で見かける赤い消防車、工事現場の赤いカラーコーン、ホテルに敷いて赤い絨毯、などなど、といったなら、普段なら全く気にしていないような「赤」が目についてしまうのです。「赤」以外にも、色々な色がありますが、事前に「赤」と言われているので、他の色に...
2015/04/22 02:55:22 | バイアス
正常性バイアスは、心理学用語で、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう人の特性のことを言います。「恒常性バイアス」とも呼ばれます。つまり、正常性バイアスは、自分にはそんな悪いことが起こるわけがない、という精神から生じるのです。正常性バイアスは、災害時に、よく注目される言葉です。災害時に、自分がそんな目に合うはずない、という正常性バイアスから、避難せずに負傷・死亡してしまう、というのは、古今東西、多くの例が知られています。正常性バイアスの具体例をいくつか挙げてみましょう。火災報知器が鳴り響いていても、「訓練だろう」とか「誤作動だろう」とか思ってしまい、逃げずに死んでしま...