また、高学歴で学校の勉強が得意な人は、よく性格が歪んでいると言われますが、これも同様の理由です。

 

学校の教科書は、正しいことばかりが載っていて、情報の正誤を判断する必要がありません。

 

そして、勉強が得意な人は、

 

そのため、その他の媒体から得た情報も正しいと思い込み、それが間違った価値観を形成してしまうのです。

 

それにより、異常に頑固な性格が形成されてしまうのです。

 

同じ方法で勉強は上手く行ったのだから、自分の考えが間違っているはずがない、と強く思いこんでしまう人が多いんです。

 

 

学校の勉強と同じように情報の正誤を確認せずに情報を取り入れて行った結果、

 

偏った価値観が形成されてしまうのです。

 

そのため、高学歴な人には、価値観の押しつけが強い人や、

 

人の心が分から無い人が非常に多いのですね。

 

 

○○は××だ!、という、学校の勉強のような一対一の対応で物事を捉えてしまうため、

 

考えの多様性、自分と違う考えを認めようとしないのです。

関連ページ

馬上、枕上、厠上?
良い考えが生まれやすい状況のことを馬上、枕上、厠上と言うそうですが、単にこれらの状況下にあっても、良いアイデアは出てきません。
医者ってそんなに偉いの?
医者ってそんなに偉いの?というテーマについて、私の意見を述べていきたいと思います。医者には、威張り散らかして思い上がっている気持ち悪い人がとても多いですが、医者ってそんなに偉いのでしょうか?
専門分野におけるバイアス
「~の専門家」と聞くと、信頼できると感じる人が多いと思いますが、実際は専門家は馬鹿ばかりです。なぜ、専門家は馬鹿ばかりなのかを、論理的に解説します。
スノーボードでロジカルシンキング
スノーボードのオーリーができない原因を、ロジカルシンキングを使って解決しましょう。スノーボードを通して、ロジカルシンキングがあらゆる分野に適応できることを理解しましょう。
「人に感謝される仕事をしたい」人は没個性
人に感謝される仕事をしたい、と言う人は、没個性な人が非常に多いです。その理由を考察してみます。人の役に立つことは大切なことですが、それを初めから求めるのには、大きな問題があります。
正常性バイアスの危険性
ロジカルシンキングの大きな障害となる正常性バイアスについて。バイアスがあると、正しい知識を得る際の妨げになります。いかに、バイアスを取り除くことができるかが、知識の習得や、論理的思考において重要です。
難度の高さと価値の高さは比例しない
バイアスについて。難易度が高いことと、価値の高さは比例しません。人間、難易度の高いことは、価値の高いものだと、バイアス(先入観)によって思いがちですが、実際は、違います。バイアスを無くしましょう。
確証バイアスの具体例
確証バイアスの具体例です。確証バイアスの具体例を通して、確証バイアスについての理解を深めていきましょう。