医者ってそんなに偉いの?

医者ってそんなに偉いの?というテーマで、私の意見を述べていきたいと思います。

 

私が医者として活動してきた中で、毎日と言っていいほど思うことは、

 

医者には威張り散らかして思い上がっている気持ち悪い人がとても多いということです。

 

これは、多くの人が感じていることだと思います。

 

医者ってそんなに偉いのでしょうか?

 

 

 

「人の命を救う」ということは、ほとんど誰もが、

 

疑いなく素晴らしいことだと感じていることだと思います。

 

この点から、医者には調子に乗った人が非常に多いのでしょう。

 

「俺様は人の命を救ってやってんだ!」

 

という感じで尊大な人が本当に多いです。

 

表面上(人前では)隠していても、医者同士の会話では

 

俺達は偉い、という感じを出してくる人が多いです。

 

この気持ちが全く分からない訳ではありませんが、

 

人の命を救うことが、最も価値のあることなのでしょうか?

 

 

例えば、生きていく上で全く必要無いものに「ケーキ」があります。

 

特に体に良い栄養素もなく、むしろ体に悪い成分の方が多く含まれているものが多いでしょう。

 

しかし、ケーキが人生に必要ないかと言うと、そんなことは全くありませんよね?

 

甘いケーキを食べるだけで、幸せな気持ちになり、勉強や仕事に対してやる気が出る、という人は多いでしょう。

 

それでは、ケーキを作るパティシエは、命を救っている訳ではないから医者に劣るのでしょうか?

 

 

例えば、生きていく上で全く必要ないものに「音楽」があります。

 

ただ生きていくだけなら、音楽は全く必要のないものです。

 

しかし、音楽は紀元前から、人間の生活に深く関わってきました。

 

悲しい時にしっとりした音楽を聴いて悲しみが軽減された、

 

スポーツの試合の前に激しい曲に鼓舞されパフォーマンスが上がった、

 

といった経験のある人は多いでしょう。

 

それでは、音楽を作るアーティストは、命を救っている訳ではないから医者に劣るのでしょうか?

 

 

古代ギリシアの哲学者、ソクラテスの言葉に

 

「ただ生きるのではなく、良く生きる」

 

というものがあります。

 

ただ生きるだけなら、ケーキや音楽などは全く必要無いものでしょう。

 

ただ生きるだけの人生なら、医者が最も価値のある、偉い職業かもしれません

 

しかし、ただ生きるだけ人生に、何の意味があるでしょうか?

 

充実した良い人生にしていくことこそが、最も大事なことなのでは無いでしょうか。

 

「ただ生きるのではなく、良く生きる」

 

という言葉が古代ギリシアの時代に既に残っていることからも、

 

ただ生きるだけでは駄目だ、とこれほど昔から気づかれていた、ということです。

マイナスからゼロ、ゼロからプラスへ

医者は、病気という一時期的なマイナスの状態からゼロに戻す(近づける)に過ぎず、

 

その他の職業では可能なゼロから大きくプラスにすることはできません。

 

(美容整形などは例外的にゼロからプラスにすることができますが)

 

しかし、先に例に挙げた一見生活に不要のように見える

 

「エンターテイメント(娯楽)」こそが、

 

人生を豊かにしてくれる本当に大切なものなのです。

 

マイナスからゼロにする行為と、ゼロからプラスにする行為、

 

どちらが優れているかはそう簡単に決めることはできないでしょう。

 

 

 

もし、この記事を医者が読んでいたら、自分のしている仕事はそれほど大した仕事じゃない、

 

他の仕事と比べて、特に優れている訳ではない、ということを胸に刻み、謙虚に生きて欲しいです。

 

ただでさえ、閉鎖的な職場で、専門馬鹿になりやすく、社会常識が身につきにくいのに、

 

謙虚さまで忘れてしまったら、誰からも見放されてしまいますよ。
(見放されていることにすら気付けないレベルの馬鹿も多数いますが・・・)

 

命を直接的に救っている訳ではない、他の職業の人からもたらされたエンターテイメントを、絶対にあなたも楽しんでいるはずです。

 

それでも医者が一番偉いと感じるなら、一度、全てのエンターテイメントを断ち切って生きてみて下さい。

 

命を救うことだけが最も価値のあることでは無いとすぐに分かるはずです。

 

 

あながもし医者以外の職業であれば、

 

あなたの仕事が直接的に人の命を救っている訳ではなくとも、

 

人生をより良い物にするという、ゼロからプラスにする形で人の役に立っている

 

ということを胸に刻み、自分の仕事に誇りを持って、取り組んで欲しいですね。

関連ページ

馬上、枕上、厠上?
良い考えが生まれやすい状況のことを馬上、枕上、厠上と言うそうですが、単にこれらの状況下にあっても、良いアイデアは出てきません。
専門分野におけるバイアス
「~の専門家」と聞くと、信頼できると感じる人が多いと思いますが、実際は専門家は馬鹿ばかりです。なぜ、専門家は馬鹿ばかりなのかを、論理的に解説します。
スノーボードでロジカルシンキング
スノーボードのオーリーができない原因を、ロジカルシンキングを使って解決しましょう。スノーボードを通して、ロジカルシンキングがあらゆる分野に適応できることを理解しましょう。
「人に感謝される仕事をしたい」人は没個性
人に感謝される仕事をしたい、と言う人は、没個性な人が非常に多いです。その理由を考察してみます。人の役に立つことは大切なことですが、それを初めから求めるのには、大きな問題があります。
正常性バイアスの危険性
ロジカルシンキングの大きな障害となる正常性バイアスについて。バイアスがあると、正しい知識を得る際の妨げになります。いかに、バイアスを取り除くことができるかが、知識の習得や、論理的思考において重要です。
難度の高さと価値の高さは比例しない
バイアスについて。難易度が高いことと、価値の高さは比例しません。人間、難易度の高いことは、価値の高いものだと、バイアス(先入観)によって思いがちですが、実際は、違います。バイアスを無くしましょう。
確証バイアスの具体例
確証バイアスの具体例です。確証バイアスの具体例を通して、確証バイアスについての理解を深めていきましょう。