「人に感謝される仕事をしたい」人は没個性

「人に感謝される仕事をしたい」と言う人がいますが、

 

私はそう言う人とは付き合わないようにしています。

 

なぜなら、没個性で、人間的な魅力に非常に乏しい人間が多いからです。

 

そのような人は、交流しても、ほとんど何も得られるものがありません。

 

このことについて、今回は書いていきたいと思います。

 

 

人に感謝されたい、という欲求自体は、悪いものではありません。

 

「感謝されることを優先している」ことが問題なのです。

 

 

自分で何かを成し遂げたい、という欲求が先にあり、その結果によって、

 

人に感謝される、というのなら良いのですが、

 

初めから人に感謝されることを求めているのは非常に大きな問題です。

 

なぜなら、自己の評価基準が他者にあるということだからです。

 

自己実現したいことが無く、目標が無い人間だから、簡単に承認欲求を満たせる

 

人に感謝されることを求めるのです。

 

 

自己の評価基準が自己にある人間なら、

 

何かを成し遂げたい、という目標があり、それを自分で成し遂げることで満足できるのですが、

 

目標が無い人間は、目標の達成による満足を自己で得ることができず、

 

自己の評価基準が他者依存であるということです。

 

自分で自分を評価することができず、「人から感謝される」という他者からの評価に依存する形でしか満足できないのです。

 

これが、人に感謝される仕事をしたい、という人間が没個性な確率が高い理由です。

 

人に感謝されたい、と言う人全てが、没個性という訳ではありませんが、その傾向が非常に強いです。

 

・自己で目標を設定し、それを達成する喜びを味わう

 

・何らかの能力を伸ばして自己の成長を楽しむ

 

といったことができない人間である可能性が高く、その結果、没個性になってしまうのです。

 

 

人に感謝されたいな、と強く思うようになってきたら、それは目標を持っていないことの証といっても過言ではありません。

 

目標無く、日々だらだらと生きてしまっている可能性が高いです。

 

 

今回の話で私が言いたかったことは、まずは目標を立てましょう、ということです。

 

目標を自分で立て、それを達成することに喜びを見出せるようになれば、

 

他者からの評価など気にすることなく、生きていけるようになります。

 

あまりに気にしなさすぎて自己中心的な、迷惑な人間になってしまってはいけませんが、

 

日々、小さな目標でも良いので設定して、それを達成して成長していくことで、個性的な人間になることができるのです。

 

自己研鑽を積んで個性的な人間に成ることができれば、

 

安易なサービスを提供することによって与えられる、サービス自体への評価ではなく、

 

あなたの存在自体への評価を得ることができ、深い充足感を得られるはずです。

関連ページ

馬上、枕上、厠上?
良い考えが生まれやすい状況のことを馬上、枕上、厠上と言うそうですが、単にこれらの状況下にあっても、良いアイデアは出てきません。
医者ってそんなに偉いの?
医者ってそんなに偉いの?というテーマについて、私の意見を述べていきたいと思います。医者には、威張り散らかして思い上がっている気持ち悪い人がとても多いですが、医者ってそんなに偉いのでしょうか?
専門分野におけるバイアス
「~の専門家」と聞くと、信頼できると感じる人が多いと思いますが、実際は専門家は馬鹿ばかりです。なぜ、専門家は馬鹿ばかりなのかを、論理的に解説します。
スノーボードでロジカルシンキング
スノーボードのオーリーができない原因を、ロジカルシンキングを使って解決しましょう。スノーボードを通して、ロジカルシンキングがあらゆる分野に適応できることを理解しましょう。
正常性バイアスの危険性
ロジカルシンキングの大きな障害となる正常性バイアスについて。バイアスがあると、正しい知識を得る際の妨げになります。いかに、バイアスを取り除くことができるかが、知識の習得や、論理的思考において重要です。
難度の高さと価値の高さは比例しない
バイアスについて。難易度が高いことと、価値の高さは比例しません。人間、難易度の高いことは、価値の高いものだと、バイアス(先入観)によって思いがちですが、実際は、違います。バイアスを無くしましょう。
確証バイアスの具体例
確証バイアスの具体例です。確証バイアスの具体例を通して、確証バイアスについての理解を深めていきましょう。