ゼロベース思考

ゼロベース思考とは、全てをゼロにしてから思考していく方法です。

 

つまり、バイアス(先入観)に縛られずに思考していきましょう、ということです。

 

ゼロベース思考で、既存の概念にとらわれずに思考することで、それまでにない発想を出すことができます。

 

 

ゼロベース思考をするためには、、つまり、バイアス(先入観)に捕らわれない思考のことです。

 

バイアス(先入観)が無い状態で、物事をありのままに捉えることで自由な発想が生まれるのです。

 

ビジネスでも、研究の世界でも、違う分野の人間が入ってくることでその業界が大きく進化することがよくあります。

 

ある分野の専門家を呼ばれる人間は、その分野の常識にとらわれ、柔軟な思考ができなくなってしまっていることがよくあります。

 

専門家というのは、知識量がずば抜けて多いのですが、間違った知識、バイアス(先入観)のかかった知識も多く持ってしまっていることが多いです。

 

長く正しいとされてきた知識に疑いをかけるのは難しいことだからです。

 

学問は、歴史が長い分野が多いので、いまさら覆しにくい、ということです。

 

そのため、バイアス(先入観)のかかっていないゼロベース思考ができなくなってしまい、新たなアイデアを出すことができないのです。

 

関連ページ

馬上、枕上、厠上?
良い考えが生まれやすい状況のことを馬上、枕上、厠上と言うそうですが、単にこれらの状況下にあっても、良いアイデアは出てきません。
医者ってそんなに偉いの?
医者ってそんなに偉いの?というテーマについて、私の意見を述べていきたいと思います。医者には、威張り散らかして思い上がっている気持ち悪い人がとても多いですが、医者ってそんなに偉いのでしょうか?
専門分野におけるバイアス
「~の専門家」と聞くと、信頼できると感じる人が多いと思いますが、実際は専門家は馬鹿ばかりです。なぜ、専門家は馬鹿ばかりなのかを、論理的に解説します。
スノーボードでロジカルシンキング
スノーボードのオーリーができない原因を、ロジカルシンキングを使って解決しましょう。スノーボードを通して、ロジカルシンキングがあらゆる分野に適応できることを理解しましょう。
「人に感謝される仕事をしたい」人は没個性
人に感謝される仕事をしたい、と言う人は、没個性な人が非常に多いです。その理由を考察してみます。人の役に立つことは大切なことですが、それを初めから求めるのには、大きな問題があります。
正常性バイアスの危険性
ロジカルシンキングの大きな障害となる正常性バイアスについて。バイアスがあると、正しい知識を得る際の妨げになります。いかに、バイアスを取り除くことができるかが、知識の習得や、論理的思考において重要です。
難度の高さと価値の高さは比例しない
バイアスについて。難易度が高いことと、価値の高さは比例しません。人間、難易度の高いことは、価値の高いものだと、バイアス(先入観)によって思いがちですが、実際は、違います。バイアスを無くしましょう。
確証バイアスの具体例
確証バイアスの具体例です。確証バイアスの具体例を通して、確証バイアスについての理解を深めていきましょう。