「メモを取る」 取るべきではないメモ

「メモを取る」という行為について、解説していきます。

 

メモ帖をいつも肌身離さず持って、色々なことをメモしている人がいますが、メモをとる際には、注意が必要です。

 

メモには、取るべき情報と、そうでない情報、メモのままではいけない情報、があります。

 

このことについて、説明して行きたいと思います。

 

 

まず、メモに取るべきでは無い情報についてです。

 

日常のタスクをメモに取る方が多いと思いますが、日常のタスクのメモも、何でもかんでも取るのはおすすめできません。

 

メモに頼ってしまい、短期記憶力の低下の原因になることが考えられるからです。

 

日常のタスクを、何でもかんでもメモにとって、それを頼りにしていると、

 

ワーキングメモリが低下、つまり、情報を脳内に一時的に蓄えて利用する能力が低下してきてしまいます。

 

それにより、色々な作業の見落としや、ミスが多くなってきてしまいます。

 

また、これに関連して、脳に複数の情報を同時に入れてそれらを組み合わせる能力、発想力も低下してきてしまいます。

 

 

日常のタスクは、思考によって導き出すようにしましょう。

 

「○○で、△△だから、××する必要がある」のような感じで、毎回、タスクを導き出すようにすれば、忘れてしまうことなくなってきます。

 

よほど大事なタスクや、その日にだけしかできないタスクなどは、メモをとっておいても良いですが、そのようなもの以外は、自分の頭で毎回、導き出す、というようにしておきましょう。

 

なぜ、このような日常のタスクを記憶できないのかというと、その主原因は、物事の関連性を考えていないからです。

 

頭の中で、情報が整理されておらず、何と何が関連して、何と何が関係ない、ということを良く把握できていないため、情報同士の結び付きができていないのです。

 

そのため、必要とする情報にたどり着くことができないので、メモを取らざるを得ないのです。

 

「何をすべきか?」ということを、論理的に、思考によって導き出す習慣をつけるようにしましょう。

「メモを取る」 記憶すべきメモ

また、メモは、必要な情報を探したい時に、見返すのがメインの使い方ですが、メモのままでは有効性が低い情報があります。

 

その情報は何かというと、

 

・応用の効く情報

 

・応用は利かないが、速度を要する情報

 

です。

 

組み合わせて活用する情報は、脳内に入れておかなければなりません。

 

応用の効く情報は、他の情報と組み合わせて使うものであるため、

 

それらの情報を、毎回、メモで調べていると、有効な情報の組み合わせができるようになりません。

 

応用の効く情報、他の情報との関係性が高い情報は、

 

「同時に脳内にある」ことで、知識の組み合わせが可能となるのです。

 

アイデアを出すのに重要となる情報は、メモのままではなく、何度も見返して、完全に記憶することが大切です。

 

 

また、速度を要する情報も、記憶しておかないと役に立ちません。

 

メモの中にあることが分かっていても、調べている時間がとれないからです。

 

例えば、会話のテクニックで、「こういう時は、こういう返しをする」という情報をメモにとっていたとしても、

 

会話字にその内容が書いてあるページを調べてそのテクニックを使うことはできないのです。

 

 

したがって、メモを取る際には、その情報が

 

応用の効く情報であるか、速度を要する情報であるかを検討し、

 

それらと、そうでない情報をきちんと区別する必要があります。

 

そして、応用の効く情報、速度を要する情報のメモは、何度も復習して、脳内に叩き込んでおく必要があります。

 

これらの情報を、大量にメモに取って安心していてはいけません。

 

メモを取る段階で、できるだけ、どちらの情報であるのかを区別してメモをとるのが望ましいです。

 

メモに情報を残して安心し、全く有効活用できていない人が散見されますが、

 

それでは意味がありません。

 

メモを有効活用するために、

 

記憶すべき情報と、そうでない情報、必要な時に調べるデータバンクのような情報との違いを認識してメモを取っていきましょう。

関連ページ

間違えやすい日本語で抽象化の練習
間違えやすい日本語を通して、抽象化の練習をしてみましょう。抽象化することで、飛躍的に知識の増加速度がアップします。
頭が良くなる本の選び方
頭が良くなる本の選び方について。思考能力を鍛えていくために、本は非常に有効です。頭を良くするための本の選び方を徹底解説。
ニュースを見るのは後回し
ニュース(新しい情報)を手に入れるのが好きな人がいますが、ニュースは見てもほぼ意味がありません。情報には優先順位があります。ニュースを見るのは後回しにした方が良いです。
速読の弱点
速読の正しい使い方について詳しく解説。速読には大きな弱点があります。したがって、正しい速読の使い方を知らなければ、いくら本を読んでも、全然頭が良くなっていかない、ということになってしまいます。
知識を増やすよりも検索能力を鍛えよう
知識を増やすよりも検索能力を鍛えましょう。知識を得ようと努力している人が多いですが、知識量をいくら増やしても、実はほとんど何の意味もありません。本当に必要なのは検索能力です。
抽象化の具体例 「ガスのにおい」
「知識」について。知識の抽象化について、ガスのにおいという知識を、いかに抽象化するか、ということについて具体的に解説。
体験学習の罠
体験学習について。体験学習はよくもてはやされていますが、学習という面においては、非常に効率が悪いです。体験学習のメリット・デメリットを論理的に分析していきます。
学校教育の問題点 知識の選別について
学校教育の問題点・知識の選別について解説。知識を選別することなしに頭に詰め込めば良いので、間違った知識と、正しい知識を識別する能力が育たない。
情報ソースの重要性と問題点
情報ソースの重要性と、問題について解説していきます。情報ソースがいかに重要か、情報ソースを把握する能力が現在の教育ではいかに疎かにされているかを解説します。
インプットとアウトプットについて
インプットをアウトプットについて。アウトプットが大事、とよく言われますが、実際はインプットも大事です、インプットとアウトプットについて、どう考えていけばよいかを解説していきます。
ワーキングメモリと長期記憶
知識を得る為に重要な記憶力について。ワーキングメモリについて解説。長期的な記憶力とワーキングメモリの高さは、必ずしも相関関係にあるとは限りません。
馬鹿は固有名詞を覚えたがる
固有名詞について。馬鹿な人間が固有名詞を覚えたがるメカニズムと、本当に必要な記憶すべきことは何か、ということを解説。フォンレストルフ効果の具体例を含む。
国語教育の謎
国語教育の謎について。国語では、何を言っているか分からないような難解な文章を読む訓練をしますが、これは非常に無駄が多いです。本当に行うべき国語教育とは何か?
英語教育の謎
英語教育の謎について、英語教育および、一般的な学問の