漫画喫茶で靴を盗まれないために

私は漫画喫茶にたまに行くのですが、

 

漫画喫茶では稀に靴が盗まれる事件があるそうです。

 

漫画喫茶の個室は、床は黒革張りで、同様の革張りの座椅子が置いてあります。

 

そして、棚が備え付けられており、その上にパソコンとキーボードが置かれています。

 

棚の下に脚を入れて、パソコンを操作する形になります。

 

また、漫画喫茶では、スリッパをレンタルすることができます。

 

 

 

漫画を借りに行ったり、ドリンクを取りに行ったりする時に、何度も個室と本棚を往復することになります。

 

そのたびごとに靴を履いたり脱いだりするのは面倒なので、足を簡単に滑り込ませられるスリッパが用意されている訳です。

 

また、毛布の貸出も行われており、毛布は汚れが目立ちにくいようにか、黒いビニールのような材質のものです。

 

スリッパと毛布はカウンターから離れた棚にあり、使いたい人はそこから自分で取ってくることになります。

 

そして、使用済みの物は、返却ボックスに返却します。

 

靴はドアの下にスペースがあり、そこにしまうことができます。

 

しまった後の靴は通路からは見えません。

 

漫画喫茶では、個室に鍵がかかりませんが、ドアを閉めることができます。

 

ドアを閉めることである程度のプライバシーを保つことができる訳です。

 

 

また、個室にはパソコンとテレビがありますが、音を出しながら使用することはできず、

 

ヘッドフォンを利用して、周囲に音が漏れないようにする必要があります。

 

そのため、新しい漫画を読みたい時は、財布などの貴重品を持って、漫画を借りてくることになります。

 

このタイミングで、物が盗まれてしまうのです。

 

しかし、毎回、全荷物を個室から運び出すのも非常に面倒です。

 

 

以上の漫画喫茶の情報を踏まえた上で、

 

荷物を盗まれずに安心して漫画を読んだり、ネットゲームをしたりするためにはどうすれば良いでしょうか?

 

できるだけ、労力のかからない方法を発想してみてください。

 

なお、移動時には常にスリッパを履くものとします。

 

一つだけではなく、思い付く限り、発想してみてください。

 

下に答えがありますが、最低でも、5分は考えてみてくださいね。

 

荷物を盗まれないために 解答編

まず、どういう方針で考えていくかです。

 

「できるだけ荷物を持ち運ばずに、荷物を盗まれないようにする」

 

がテーマで、

 

盗人に盗まれないようにするには、

 

 

 

方針としては、

 

 

・荷物を全て持ち運んでいるように思わせる

 

・部屋にいないのに、いるように思わせる

 

の二つしかありません。

 

 

・荷物を全て持ち運んでいるように思わせる

 

の具体的な方法としては、一つしかありません。

 

それは、荷物を盗人に見えないように、どこかに隠すことです。

 

 

・毛布で荷物を覆う

 

毛布で荷物を覆うことで、荷物を見えなくします。

 

これにより、盗人に荷物を全て持って移動していると思わせることができます。

 

しかし、そこまでして荷物を移動するような人間はいないだろう、と盗人が推測する可能性があります。

 

この方法を取ると、毛布で荷物を覆うことで盗まれない→ある程度長時間戻ってこない、

 

という可能性が高いため、盗人にとっては大チャンスになってしまう危険性があります。

 

 

 

・部屋にいないのに、いるように思わせる

 

この方針の具体的な方法は、

 

・個室から出たことに気付かれないようにする

 

・個室から出た後に戻ってきたように見せかける

 

の2つに分かれます。

 

 

・個室から出たことに気付かれないようにする

 

ためには、音を立てずにこっそりと個室から出る必要があります。

 

そして、きちんとドアを閉めて、部屋に人がいるように思わせます。

 

 

 

 

・個室から出た後に戻ってきたように見せかける

 

いったん個室から出た後に、個室の前に戻ってきて、ドアの開け閉めだけを行うことで、

 

中に人がいるように思わせます。

 

この方法では、ドアの開け閉めを2回とも意識して音が出るように行う必要があります。

 

一方だけの音を聞かれていたら個室に居ないと思われてしまうからです。

 

 

スリッパの問題

・部屋に居ないのに、居ように思わせる

 

方法には問題があります。

 

 

個室に居ないのに、居るように見せかけ、

 

移動ではスリッパを履いていくので、スリッパが無くなってしまう

 

ということです。

 

靴を隠す場合は、スリッパを履いていくと、スリッパがなくなってしまうので、

 

上記の偽装を行っても、スリッパが置いてないと中に人がいないのがバレバレです。

 

そこで、中に人が居ると思わせるためには、個室の前に「履物が存在すること」

 

が必須条件になってきます。

 

・靴が置いてある場合

 

靴が置いてある場合、スリッパで移動中と思われてしまうので、

 

部屋にいるように偽装しても、その効果がありません。

 

・スリッパが置いてある場合

 

スリッパを履いていくので、スリッパを置くことができません。

 

よって、履物を置く場合、単独では使えないことが分かりました。

 

 

 

そこで、スリッパをもう1セット用意します。

 

すると、新たな場合、

 

スリッパを2セット用意し、一方を履いていく条件の元で、

 

 

・スリッパのみが置いてある

 

スリッパのみが置いてある場合、靴で移動している、ということが考えられますが、

 

これは不自然です。

 

なぜなら、靴を毎回履かなくて良いようにスリッパをレンタルしているのですから。

 

そこで、残るもう一つの可能性、

 

靴を個室の中に入れている、という可能性に盗人が思い至る訳です。

 

靴を中にしまっている用心深い人間だ、という印象を与えることができます。

 

スリッパが置いてあるのに靴で移動している、という不自然さに盗人が気付かずに、

 

靴で移動している→部屋に移動しないと思考してしまったら、

 

荷物を盗まれてしまう危険性があります。

 

 

・スリッパと靴が置いてある場合

 

この場合は、ごく普通の状態です。

 

多くの人が靴とスリッパを置いた状態にしています。

 

しかし、この方法だと、中に人が居ると思わせられていれば、個室内の荷物は盗られませんが、

 

「靴」を取られてしまう恐れがあります。

 

この場合は、・スリッパのみが置いてある場合に比べて、

 

盗人が勘違いする可能性が低いので、その点ではメリットがあります。

 

それほど効果な靴でないなら、この方法は良い方法です。

 

 

 

 

 

方針としては、

 

盗人に

 

・荷物を全て持っていっているように思わせる

 

・部屋にいないのに、いるように思わせる

 

 

には、「漏れ」があります。

 

それは、「帰ったと思わせる」ということです。

 

部屋から出た=店内の何かを取りに行く、ということだけではなく、

 

部屋から出た=店内に出た

 

という可能性があります。

 

これに気付くことができたでしょうか。

 

では、この方針で荷物を盗まれないためないは、どうすれば良いでしょうか。

 

 

「ドアを開けたままにし、荷物を外から見えない位置にまとめる」

 

です。

 

 

しかし、この方法にはデメリットがあります。

 

考えてみてください。

 

この方法のデメリットは、何度も使えない、ということです。

 

盗人は、部屋からターゲットが出たと判断したら、個室の様子を見るでしょう。

 

あなた自身が見られていたら、一度帰ったと思ったのに、まだ同じ人間がいる、という不自然なことになってしまいます。

 

関連ページ

短距離走と長距離(能力の違い)
短距離走と長距離走について。短距離を早く走れる人間が、長距離を速く走れるとは限りません。
モンティ・ホール問題
モンティホール問題について。確率における難問とされるモンティホール問題について。モンティホール問題は、正しい答えを訊いても、なお納得できない人がいる不思議な問題です。その理由について考察してみます。
記憶力の高さが必要ない理由
記憶力の高さは、古来、無批判に称賛されてきた能力です。しかし、現代においては、記憶力の高さは必要ありません。その理由について、解説していきます。
第六感の正体
第六感の正体とは?第六感とは、五感以外のもので、五感を超える働きをするものとされているますが、果たして、本当に存在するのでしょうか?
論理パズルと頭の良さ
論理パズルと頭の良さについて。論理パズルができるからと言って、頭が良いとは限りません。それがなぜか、ということを、ロジカルシンキング(論理的思考)によって解説していきます。
問題解決の処理速度について
問題解決の処理速度について。問題解決には、処理スピードが要求されますが、処理能力というものは、記憶力に大きく依存する側面があります。問題解決の処理速度の問題にどう対処していけば良いか解説していきましょう。
勉強ができる人は努力家か?
勉強ができる人は努力家か?勉強ができる人は、努力ができる人、という意見がありますが、実際はどうでしょうか?
問題発見能力は学校教育では身につかない
問題発見能力について。問題発見する能力は、どのようにして育んでいくか。学校教育では問題発見能力は身に着かない理由を解説。
地球温暖化は良いことだらけ?
地球温暖化について。地球温暖化は本当に悪いのか検証。知友温暖化は実は良いことだらけなのかもしれません。
メンタルマジックを論理で解いてみよう
メンタルマジックをロジカルシンキングを使って解いてみましょう。メンタルマジックのトリックを分析する過程で、ロジカルシンキングの力を養ってみましょう。
実験と思考実験
問題解決において、実験を行うことは大事ですが、不必要な思考実験をしている人が目立ちます。実験をする前に、思考実験をしっかりと行っておくことが、効率の良い問題解決のためには重要なのです。
今日すべきことを明日するな。明日できることを、今日するな。
問題解決して行く際に重要なマインドについて。今日できることは今日しろ、とよく言われますが、これは正しくありません。今日できることでも、明日できるものであれば、今日する必要は無いのです。
二種類のひらめき
ひらめきについての論理的な考察。