劣化版事典になるな!

劣化版事典になるな!、という話です。

 

劣化版事典を目指している人が多過ぎます。

 

劣化版事典とは、

 

調べても、「間違った結果が表示されることがある事典」のことです。

 

人間がいくら知識を増やしても、事典にはなりえません。

 

なぜなら、人間は記憶を正確に保存しておくことができないからです。

 

完全に忘れてしまったり、間違った情報を思い出してしまったりしてしまうのです。

 

事典に書かれているような、「調べればすぐに手に入る情報ばかりを記憶して喜んでいる人」になってはいけません。

 

 

 

世の中には、「記憶力の良い人」がいます。

 

常人の数倍早く物事を覚えられ、さらに常人の数倍忘れにくい、という能力を持った人がいます。

 

しかし、このような記憶力の良い人でも、記憶の正確さは決して100%ではありません。

 

人間の記憶は、パソコンのハードディスクのデータと違って、非常に曖昧なものなのです。

 

ほんのちょっとしたことで、記憶が揺らぎ、

 

思い出せなくなってしまったり、間違って思い出してしまったりするのです。

 

さらに大きな問題は、「間違った記憶を思い出したことに気付けないこと」です。

 

ハードディスクであれば、データが損失したら、損失したことが分かります。

 

しかし、人間の場合は、その機能がありません。

 

「間違った記憶」jを「正しいという確信」を持って、思い出してしまうのです。

 

 

 

医者の医療ミスについての例を挙げてみましょう。

 

医者と言ったら、受験生時代に成績は上位1%以内に入る人たちで、

 

記憶力は良いばかりですが、それでも記憶力は完璧なものでは全くありません。

 

それどころか、非常に単純な知識でも、思い出し間違いをしてしまっているのです。

 

肺や腎などの左右のある臓器で、臓器の左右を間違って取り出してしまう、ということさえあります。

 

直前のカンファレンス(オペ前の集団での確認のイベント)や、カルテで何度も何度も右右右、と見ているはずなのに、

 

このような事例(自分と同じ科の外科医の左右の取り違えの事例)を知っているはずなのに、

 

いざ本番では正常な左の臓器を摘出してしまうのです。

 

・過去の似たようなオペを行った記憶

 

・過去の外見の似た患者の記憶

 

などの記憶といつの間にか記憶がすり替わってしまい、これほど単純な記憶違いを起こしてしまうのです。

 

人間の記憶は非常に不確かなので、できるだけ、記憶力に頼らない工夫が必要なのです。

 

記憶に頼らず、毎回情報をチェックする習慣を付ければ、医療ミスは劇的に減るでしょう。

 

医者は、なまじ記憶力が良いために、慢心して確認作業を怠りがちなのかもしれません。

 

 

調べれば分かる情報でも、「応用性の高い知識・使う頻度の高い知識」は頭の中に入れておく必要がありますが、

 

そうでない知識は、必要な時に調べる前提で、記憶しないようにしましょう。

 

そうすれば、記憶関係のミスをする確率は圧倒的に下がります。

 

事典を目指して大量の情報を蓄えている人ばかりいますが、人間の記憶は本当に当てにならないものです。

 

情報は、毎回検索することが非常に大切です。

 

情報を記憶するのは、必要最小限にとどめて、

 

情報に素早くたどり着ける経路を構築することに時間かけるようにしましょう。

 

必要な情報が、

パソコンのどのフォルダにあるのか

 

どのサイトのどこにあるのか

 

どう検索すればすぐに見つかるのか

 

といった情報を整理して記憶しておき、素早く検索しておくようにしておくのです。

 

記憶に依存する危険性を十分に理解して、

 

記憶すべき情報、そうでない情報を区別して行くことが大切です。

関連ページ

医学情報に間違いが多い理由
医学情報に間違いが多い理由を論理的に解説。医学情報は、根本的に間違いが非常に多いです。祖の理由は主に二つあるのですが、その二つについて、詳しく解説していきます。
食べ物は残しても良いのか?
食べ物は残しても良い、という話です。食べ物を残してはいけない、という謎の主張を繰り返す輩がたくさんいるのですが、食べ物を残すのは良いのか悪いのか、考えてみましょう。
記憶力と思考力は反比例する
記憶力と思考力は反比例する傾向が非常に強いです。このことについて、論理的に解説していきましょう。
投票するより自己研鑽しよう
投票するより自己研鑽しよう、という話です。政治活動を熱心にしている人にぜひ読んでほしい内容です。
遺伝子組み換えは危険か?
遺伝子組み換えは体に悪いか?遺伝子組み換えと聞くと、反射的に眉をひそめる人が多いですが、果たして、本当に遺伝子組み換えは体に悪いのでしょうか?
言葉使いにこだわる人
言葉使いに異常にこだわる人について。ほんの少しでも既存の使い方と異なる言葉遣いをしただけで、猛烈に批判する人がいます。そのような人に対するメッセージです。
タバコを吸うのは駄目なのか?
タバコを吸うのは駄目なのか?タバコを吸っている人には生き辛い世の中になってきましたが、タバコを吸うのは本当に駄目なのでしょうか?
博覧強記の馬鹿
博覧強記の馬鹿の因果関係について。博覧強記なのにも関わらず、馬鹿な人が散見されます。そうならないように、どのようにすればよいかと解説していきます。
スポーツ選手の応援の話
スポーツ選手の応援の話です。なぜ、皆自分の地元の選手や、自分の国の選手を応援するのでしょうか?このことについて、議論してみたいと思います。
短眠は短命は本当か
因果関係は情報が正しいかどうかの判定および、情報を組み合わせる時に必須となるものです。ロジカルシンキング(論理的思考)における要となるものです。因果関係を正しく把握する方法をここで学びましょう。
漫画は小説に劣る?
漫画は小説に劣る?漫画は小説に劣る、という人がいます。その意見の主たる理由と、この意見について考察したいと思います。
ネットゲームは悪か?
ネットゲームは悪い、とよく言われますが、果たして、そうでしょうか?ネットゲームについて、海外旅行と比較しながら、私の意見を述べていきたいと思います。
理解力と記憶力の不思議な関係
理解力と記憶力の関係について解説。理解力が高いと、記憶力が高くなります。しかし、記憶力が高いことは、理解力が高いことの証明にはなりません。この二つの違いを理解しておきましょう。
論点のすり替え
因果関係について。人間が議論する際に、良く行われがちなのが、論点のすり替えです。因果関係が成立しておらず、全く関係ないのにも関わらず、違う話題に議論がすり替わることを、「論点のすり替え」と言います。