短眠は短命は本当か

短眠は短命になるから、十分に睡眠時間をとった方が良い、

 

という意見を、海外の論文や、ネット上の記事などでよくみかけます。

 

「短眠は短命」は本当か、考察してみましょう。

 

 

まず、実際に、短眠の人の方が、寿命が短いというデータはかなりの量あります。

 

しかし、短眠と短命の因果関係については疑問が残ります。

 

 

 

まず、因果関係が逆であることが考えられます。

 

仕事忙しくて満足に睡眠時間を取ることができないような人が、

 

精神的ストレス・肉体的ストレスが強くなり、短眠の結果死亡率が高い、ということも考えられます。

 

 

 

つまり、短眠が短命の原因なのではなく、

 

心身のストレスが強いことが原因となって、

 

短眠と短命を同時に引き起こしているということです。

 

本当に短眠が短命の原因になることを確かめるためには、

 

短眠の人と、そうで無い人で、同じ負荷レベルのストレスを与えて、寿命を測定する必要があるわけです。

 

 

また、短眠では寿命が短くなっているものの、有効活用できる時間をを考慮する必要があるでしょう。

 

これについて、簡単な例を挙げてみます。

 

睡眠時間が4時間の人と、7時間の人がいるとして、

 

それぞれ寿命が4時間の人が72歳、8時間の人が84歳とします。

 

人間の睡眠時間は年齢によって違いがありますが、

 

計算を簡単にするために、どの日も同じ睡眠時間として計算します。

 

すると、睡眠時間が毎日4時間の人は、72年の20/24起きていることに、つまり60年起きていることになります。

 

一方、睡眠時間が毎日8時間の人は、84年の16/24起きていることに、つまり56年起きているとになります。

 

以上の概算により、

 

4時間睡眠の人が8時間睡眠の人に比べて、12年寿命が短いですが、実質の活動時間は4年長いことになります。

 

これなら、寿命が短くなったとしても、実質の活動時間は長くなっているので、寿命そのものが短くなることは問題ではないとは言えないでしょうか?

 

 

その他にも、睡眠時間以外、起きている時間を有効に使えているかどうかは、

 

・睡眠時間による起床時の肉体・頭脳活動などの各種パフォーマンスの増減

 

(活動時間が長くなっても、パフォーマンスが落ちるなら全体としての効率が上がるとは限らない)

 

・睡眠時間による記憶の定着率の違い

 

(活動時間が長くても、知識の記憶や、身体操作法の記憶の定着率が短眠によって落ちる可能性がある)

 

・寿命が長いことによるテクノロジーの恩恵

 

(活動時間が長くなっても、寿命が長い方がより進んだテクノロジーの恩恵を受けられ、効率的に生活できる)

 

なども考慮しなければなりません。

 

また、加齢による各種能力の変化と睡眠時間の関係なども考慮しなければならないでしょう。

 

 

短眠が短命につながる、ということは現時点でははっきりと因果関係が証明できません。

 

上記に挙げたように、色々な尺度から、総合的に考える必要があるのです。

 

一面的な見方で、「短眠は良い」「短眠は悪い」などと決めつけないようにすることが大事です。

関連ページ

医学情報に間違いが多い理由
医学情報に間違いが多い理由を論理的に解説。医学情報は、根本的に間違いが非常に多いです。祖の理由は主に二つあるのですが、その二つについて、詳しく解説していきます。
食べ物は残しても良いのか?
食べ物は残しても良い、という話です。食べ物を残してはいけない、という謎の主張を繰り返す輩がたくさんいるのですが、食べ物を残すのは良いのか悪いのか、考えてみましょう。
劣化版事典になるな!
劣化版事典になってはいけません。世界中の人が、劣化版の事典になるべき、大量の無駄な時間を消費している状況です。本当に必要なのは何か、を考えていきましょう。
記憶力と思考力は反比例する
記憶力と思考力は反比例する傾向が非常に強いです。このことについて、論理的に解説していきましょう。
投票するより自己研鑽しよう
投票するより自己研鑽しよう、という話です。政治活動を熱心にしている人にぜひ読んでほしい内容です。
遺伝子組み換えは危険か?
遺伝子組み換えは体に悪いか?遺伝子組み換えと聞くと、反射的に眉をひそめる人が多いですが、果たして、本当に遺伝子組み換えは体に悪いのでしょうか?
言葉使いにこだわる人
言葉使いに異常にこだわる人について。ほんの少しでも既存の使い方と異なる言葉遣いをしただけで、猛烈に批判する人がいます。そのような人に対するメッセージです。
タバコを吸うのは駄目なのか?
タバコを吸うのは駄目なのか?タバコを吸っている人には生き辛い世の中になってきましたが、タバコを吸うのは本当に駄目なのでしょうか?
博覧強記の馬鹿
博覧強記の馬鹿の因果関係について。博覧強記なのにも関わらず、馬鹿な人が散見されます。そうならないように、どのようにすればよいかと解説していきます。
スポーツ選手の応援の話
スポーツ選手の応援の話です。なぜ、皆自分の地元の選手や、自分の国の選手を応援するのでしょうか?このことについて、議論してみたいと思います。
漫画は小説に劣る?
漫画は小説に劣る?漫画は小説に劣る、という人がいます。その意見の主たる理由と、この意見について考察したいと思います。
ネットゲームは悪か?
ネットゲームは悪い、とよく言われますが、果たして、そうでしょうか?ネットゲームについて、海外旅行と比較しながら、私の意見を述べていきたいと思います。
理解力と記憶力の不思議な関係
理解力と記憶力の関係について解説。理解力が高いと、記憶力が高くなります。しかし、記憶力が高いことは、理解力が高いことの証明にはなりません。この二つの違いを理解しておきましょう。
論点のすり替え
因果関係について。人間が議論する際に、良く行われがちなのが、論点のすり替えです。因果関係が成立しておらず、全く関係ないのにも関わらず、違う話題に議論がすり替わることを、「論点のすり替え」と言います。